プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

タグクラウド
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
オーナーへメッセージ

2012年11月19日

秋季大会が終わった。

昨日 雨で延び延びになっていた垂水地区の秋季大会

ようやく日曜日に試合をすることが出来た 拍手

しかし 垂水地区の大会は常に垂水スポーツガーデンの多目的グランドで

全ての試合を行っているが

雨で順延が続き 会場が小束山小学校のグランド ガーン


なんとなく 公式戦の雰囲気がない・・・

子ども達も指導者と一緒にグランドの設営したりして・・・

普段の練習試合の様な感覚になっているような気が・・・


秋季大会2回戦 本多聞戦

初回から流れを掴む一球の違いが出た 野球ボール

まずは表 二死三塁で4番打者

投手は一球一球力一杯の球で 三振 good

そして裏 二死二塁で4番打者

投手は力のこもった球でツーストライクからの3球目 バット

真ん中少し高めを センターオーバーのタイムリーツーベース アセアセ


その他にも 四球で盗塁後 一死二塁で ピッチャーゴロ・・・

二塁走者 三塁へタッチアウト good


四球で無死一塁 送りバント 投手が一塁へ送球 アウト good

で 一塁走者が三塁へ狙う ダッシュ

一塁から三塁へ送球 しかし フワ~とした送球・・・

タイミングが完全にアウトが セーフに 叫び


外野の前にフラ~と上がったフライ・・・

深追いしたセカンド 声も出さずに譲ったライト・・・落球 ガーン


一死三塁 三塁走者が初球をサインミスで飛び出しタッチアウト good


無死一二塁 ボテボテのゴロが投手の前に・・・

投手は捕球時につまずき転倒・・・オールセーフの瞬間 オドロキ

二塁走者が本塁へ突っ込んできた~ 投手は膝を付いたまま本塁へ送球

しかし 悪送球で1点


ヒットで無死一塁 ヒットエンドランで ジャストミートした打球は・・・

投手の真正面で ダブルプレー good


などなど 小束山だけのプレーでなく 本多聞のプレーも・・・

この試合は 一球一球の大切さ 流れがアッチ行き コッチ行き またアッチ行き・・・

と 本当に最後まで分からなかった試合


では どこで違いが出たのか?

流れを何が何でも掴みに行こうとする 強い気持ちを持った子どもの人数だったと思う

2番手でマウンドにあがった子どもは

気持ちのこもった投球で素晴らしいピッチングで 2回をほぼパーフェクト 拍手

その気持ちを持った子どもが小束山には この試合で一人か二人しかいなかったガーン

公式戦最後の打席を見逃し三振・・・

結果 1対4での敗戦

前の公式戦では決勝まで進んで準優勝

優勝を目指した最後の公式戦を敗退しても 涙がない試合

子ども達の野球で この様な終わり方をして欲しくなかった

最後の公式戦は 勝っても負けても 涙で終わって欲しかった

うれし涙でも 悔し涙でも 涙が出るほど一生懸命の野球をして欲しかった


最終回 二死二三塁一打で1点若しくは2点差



初球を振って三遊間 ショートがファンブルしたが一塁へ送球・・・アウト good

最後のプレーも紙一重 最後まで流れを掴むことができなかった


まだまだ野球を始めたばかり

これから先 野球 その他何かに打ち込むことがあると思う

常に強い気持ちを持って チャンスを掴みに行く 勝利を掴み取ろうとする

そんなプレーをして欲しい


卒団式まであと3週間

それまで みんなが集れる数は6回か7回

出来る限り試合を組んであげたい


同じカテゴリー(スポーツ)の記事画像
食育勉強会
少年野球おさめ
ベンチの外から
卒団
交流戦 2試合目
高砂の曽根で野球談議
同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 食育勉強会 (2014-07-10 18:18)
 いよいよ本日、準決勝と決勝 (2013-03-20 02:40)
 少年野球おさめ (2012-12-25 20:28)
 ベンチの外から (2012-12-19 20:28)
 卒団 (2012-12-13 20:28)
 最後のホームグランドでの試合 (2012-12-04 21:48)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。